FC2ブログ

絵本とおうたのベビーマッサージ ひめ風堂だより

絵本に出会うをテーマにしたベビーマッサージ教室☆
2009年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年09月
ARCHIVE ≫ 2009年09月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2009年09月  | 翌月 ≫

生きている間に私にできることってなんだろう。

何気ない毎日を大事なものだと感じ、生きている人って、いつも素敵だと心惹かれる。

毎日をいとおしそうにしている人のって
話しをしたり、その人を見ていると、根拠なく伝わってくる。








前述した久和ひとみさんの本『ニューヨークで見つけた!新しい私:35歳からの留学ストーリー』を読んでいます。


                         





正直、
本としては、何かすごく優れているという感じはないです。

でも、久和ひとみさんが35歳で留学し、
ニューヨークで学ぶことを、
ニューヨーク生活を楽しむことを思いっきりやっているその熱さは
文章を読んでいて伝わってきます。

その生真面目さのようなものも。

久和ひとみさんはニュースキャスターだっということもあって、
私は先入観で、
「どうせ学生時代なんかに留学経験があって、英語も得意中の得意だったのだろう」と
内心推測していたのだけれど、違いました。

彼女いわく、
英語は不得意で、今までまじめに勉強したことはない。
そして、海外留学等の経験は一切ないという。

その彼女が35歳でニューヨーク!
本を読んでいても、
彼女の不安や戸惑いも感じられるような部分もあり、
彼女の「キャスター」というキャラクターを時々忘れてしまうほどです。

でも、かなしいかな。

こんなに生き生きと私生活を送った35歳の海外留学デビューから5年後ガンで亡くなるんですね。

それがとても読んでいていつも頭を離れません。

そして、彼女のお母様が彼女が亡くなった時、
「娘はいろんなことにチャレンジしてきました。おもいきっり楽しんだからよかった。」という内容の
コメントをされているのを知りました。






やっぱり毎日を楽しく生きよう。

留学とか、何か社会に残ることではなくても、
毎日のささやかなことでもいいんだ。


それをかけがえのない日々の一部だとちゃんと心にとめておこう。


彼女が留学してから5年で得たものはきっと彼女にとって大きな宝もの。


私も死ぬまでの間に自分の宝箱に大事なものを詰め込んでやりたいなと思います。


まずは、今日の朝ごはん作り、お仕事、そして、夕飯作りを大事にするか~



a-saco.








blogram投票ボタン

スポンサーサイト

今日だけ断食してみました。

昨日だけですが、断食してみました。

というのも、
最近、腸の調子が良くなくて、ちょっと困っていました。

原因は、連休中に外食が多くなり、
つい美味しいから、とたくさん食べていたことかな???

そして、土曜の夜にたらふく食べて、しかもお肉のオンパレード!


翌日、目が覚めても、お腹はまだ満腹。

昼が来ても、満腹。

この時点で、
「あ、今日なら断食できるかも☆」と思いつき、やってみよう!ということになりました。
(ようさんは送別会で夕飯いらないし、チャンスでした!)

午後、家にいると、
つい、土曜日に友達からもらったおいし~いクッキーに手が伸びそうだったので、
お昼前から、図書館にGO!

これが功を奏したかな。

お昼もおやつも食べずに、夜を迎えました。

夜になるとさすがに少し、お腹が減ってきたけど、
夕飯を作るわけでもないし、
たまに、おいしいクッキーのほうに目が行ったけれど、何とかこらえられました。


さっさとお風呂に入ってしまい、寝てしまおうという作戦にしたほうがよさそうです。


マクロビオティックと付き合い始めて、断食の効果について見聞きすることがありました。

断食をすると、頭がすっきりする、体が軽くなったように感じる、などなど。


私の場合、前日の食べすぎからスタートしているから、
そういった効果をばっちり感じられたわけではなかったけれど、
胃腸が休ませられてるのはわかりました。

ふだんの胃腸を2としたら、
(ふだんからやや食べすぎの傾向ありのなので・・・
食べ過ぎた土曜の状態は9くらいかな。

そして、今はゼロくらいかな。

もっと断食をしっかりやると、
たぶんマイナス5くらいになって体で効果を実感できるのではないかしら?

今の私はやっと普通になったかなって感じ。

今日はゼロからのスタートだ!


断食経験のある方、ぜひ、体験談を聞かせてほしいです。



a-saco.






blogram投票ボタン

家族と食事

昨日も書きましたが、
昨日は楽しみにしていたプランが2つもありました!

友達に会うこと。
家族と食事すること。

友達とは、まったりとした時間を過ごし、
忙しい日常では味わえない、ゆったりとした時間を過ごしました。

このとき、
私、麦茶ベースのフレーバーティをもっていったのですが、
「麦茶なのに、紅茶」で、驚きました。
ちなみに、ネットでは「パイナップル麦茶」は売り切れのようです。

もちろん(?)、ノンカフェインです。


夜は、私の実家の両親と妹夫婦でハンバーグを食べにつばめグリルへ。

今回人数が多めで行くことになっていたので、
少人数で行っても頼みにくかったブイヤベースとポトフを、とりわけ楽しみにしていました。

が、
ブイヤベースのほうは、すでに終わっていたので、食べられませんでした。

でも、ソーセージやお肉の塊(笑)がどっさり入ったポトフは食べられました。
食べ応えありです。


料理も良かったですが、
妹夫婦の笑っちゃう話を聞きながら、みんなで食卓を囲めて、本当にうれしかった。

あまりに気持ちが穏やかだったから、
私はただただ、ひたすらみんなの話を聞くだけだったけど、それも幸せの瞬間でした。

お腹いっぱいで
帰りの車の運転は眠気との戦いでもあったけど、ちゃんと家に帰れました。


食事の内容も大事かもしれないけど、
食事をどんな環境でどんな気持ちでいただくのか。

それが何より大事なんじゃないかとやはり、この日、実感。

どんなにおいしいお料理もどんなにヘルシーな料理も
それを食べる時、
食べられる幸せを忘れていないことが何よりの栄養素なんじゃないかと思います。


いつも、感謝することの大事さを忘れたくはありませんね。



最近、新しい学びが多いです。

友人に迷惑けてて申し訳ないけれど、
自分の知らなかった世界を覗けていて、ありがたいのです。

今まで自分が何も知らなかったんだと気付かされ、
悔しいような、はずかしいような、なさけないようなネガティブな感情と出くわしますが、
これから、新たな知識を吸収できるように、
必要であれば、レメディの助けを受け、挑戦したいと思います。




a-saco.





blogram投票ボタン