FC2ブログ

絵本とおうたのベビーマッサージ ひめ風堂だより

絵本に出会うをテーマにしたベビーマッサージ教室☆
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年12月

2018年も、ほんとうにお世話になりました☆~今は前を向いて~

2018年も、ほんとうにお世話になりました。


今年もたくさんの親子様に出会えました。
そして、そんな皆様を温かく、いや熱く見守っていらっしゃる皆様とのご縁。
わたしの遅々としたところに根気よく見守ってくれていた方々にはもう。。。言葉がない程ありがたく恐縮の想いです。
そして、今年は≪絵本≫で繋がったご縁の広がり。
こちらでも知らなかった世界を見せていただきました。
やっぱりありがたい一年でしたね☆


20181231bestnineoninstagram.png
2018 Best Nine


20181230tweet.jpg


と、まぁ、こんな状態で年の瀬を迎えています、こまつです。


いろいろ振り返りたいのですが、頭が高熱と微熱のはざまでうまく1年を振り返れない…
なんだかぼんやりしちゃうのです。


いいことも苦いことも
いろんなことがあったけど、今は前を見ていなさいってことかな☆




そんな訳で、後手後手になってしまったけど、
年内に必ずお知らせしようと思っていた講座のお知らせをアップしました。
どうぞ、チェックしてみてください。

【布一枚の抱っこ&おんぶ講座】
http://toritofflower.blog42.fc2.com/blog-entry-1692.html


HPへの掲載は、新年になりそうです。




どうぞ、みなさま、よいお年をお迎えください☆


❝絵本とおうたのベビーマッサージ ひめ風堂❞
スケジュール、お申込みはHPから
https://www.himekazedo.com/

スポンサーサイト

【布一枚の抱っこ&おんぶ講座はじめてのベビーラップクラス/ここちよい抱っことおんぶクラス】

前々からお話ししていた抱っこひもの講座。
講師として、夏井英子さんをお招きしての講座です。

eikosanphoto.jpg



タイトル通り、布一枚ってなんでしょう。

そう、兵児帯と言われていたり、最近人気度が上がってきたラップも。

エルゴのようなストラクチャータイプと言われるものとは一味ふた味も違う抱っこと抱っこひも。


わが子が大きくなってきて、おんぶしたいな。。と思ったとき、赤ちゃんの顔はどこにありますか?

赤ちゃんがおんぶされているとき、安心で楽しい気持ちでいられるスタイル作れていますか?


・・・・
20151112わたしのだっこ
~布一間の抱っこのことを知らなかった時代の私と娘。
6年前くらい?タイムスリップして、教えてあげたい~
・・・・

今回、
午前の部と午後の部に分けて開催します。

午前の部 はじめてのベビーラップクラス 3組キャンセル待ち受付中
ラップの基本的な使い方をお伝えします。


午後の部 ここちよい抱っことおんぶクラス 空1組キャンセル待ち受付中
兵児帯を使った抱っことおんぶのクラスです。



少人数での見て聞いて体験していただけると思いますよ☆

・・・・・
日時   1月28日 10:00-12:00/13:00-15:00
場所   瀬谷公会堂 リハーサル室②
講師   夏井英子さん ベビーウェアリングコンシェルジュ
参加費  1部 2部のみの場合 2,500円 W受講の場合 3,500円
・・・・・

英子さんのプロフィールとメッセージを☆(お写真の笑顔、すてきですよね♡)

●夏井英子●
・NPO法人 だっことおんぶの研究所認定 ベビーウェアリングコンシェルジュ
・NPO法人 Umiのいえスタッフ
・よさこいインストラクター、踊り子
・クラニオセイクラルセラピー、お手当て勉強中
・川崎市在住、5歳の元気いっぱい女子の母

抱っことおんぶの時間が、
赤ちゃんとお母さんお互いにとって楽しくて愛おしいものになるように、
より楽ちんにすごせるように、お伝えしています。




布一枚を子育ての味方にしませんか?


❝絵本とおうたのベビーマッサージ ひめ風堂❞
スケジュール、お申込みはHPから
https://www.himekazedo.com/


わたしの…ママになってのクリスマス


紹介トムテ裏表紙.jpg


親になってからのクリスマスの方が、サンタさんを感じる。



毎年、クリスマスの時期になるとそんな言葉を口にしている気がします

与えることができる幸せ。





じつは、先日行った南万騎が原の一箱市で出会った絵本『トムテ』。


親になってからのクリスマスの心境と重なり合う絵本に出会いました。






このお話しに出会ったとき、
このクリスマスの夜…与えられる悦びを知った夜のことと鮮明に重なって、
お持ち帰りを決定したのです。


とっても静かな絵本。

その静けさの中の悦び。

幸せな気持ち。



~『トムテ』あとがきより~
トムテは、スウェーデンの農家や仕事場などに住んでいる小人です。
~中略~
何百年も生き続けて、その家の人びとが幸せになるように守っています



訳者の山内さんはこのあとがき内でこうも言っています。



「人の命と宇宙のリズムのふしぎをつたえる、この味わいぶかい絵本が、
日本のみなさんにも楽しんでいただけることを願っています。」





❝絵本とおうたのベビーマッサージ ひめ風堂❞
スケジュール、お申込みはHPから
https://www.himekazedo.com/